FC2ブログ

ふぁふだす9話自分的感想

 今回も「蒼穹のファフナーEXODUS」の感想行きます。

 正直今季放映中の他アニメに対して文字通り引導を渡したね。
 作画演出脚本音楽総てが文字通りの「超次元」としか言い様が無い出来。
 自分もTBS、BS、そしてバンダイチャンネル配信にて延々絶賛リピート中。
 この様なアニメは今後10年出て来ないのではないだろうか。

 では本編の感想です。
 
 まあ、今やザインもニヒトも「ファフナーの姿をした超次元の“何か”」だからな。

 兎に角ザイニヒ無双については他の方々も触れているので言及は避けるが自分が不安を持つのは今後の展開である。

 新国連人類軍(BBA派)は「交戦規定アルファ」を発動させる気満々のご様子(剰え“アルゴス小隊”と云う汚れ仕事専門部隊も投入する様だし)。

 況してや「英雄は人間によって粛清される」と云う言葉もある通りあのBBAが色々とイラン事してきそうな気がするね、色んな意味で。

 しかしまあ、例えフェストゥムを「トリプルプラン」なる物で駆滅したとしてその後に待っているのは確実に「新人類エスペラント)」と旧人類による戦争だからな(それは今迄重ねてきた人類の歴史がそれを証明している)。

 ひょっとしたらその「トリプルプラン」その物が新人類(エスペラント)殲滅をも含んでいるのかも知れないだろうね。抑々BBAの様な如何にもテンプレな権力者の考えそうな事など歴史を紐解けば容易に想像できる。

 それに人類軍も相応の「切り札」を用意している事など想像に難くない。
 その内の一つが“ザルヴァートルモデルザイン&ニヒト)”の正統後継機ではないだろうか。
 これはあくまでも自分的な推測なのでハズレてもご容赦願いたいが、多分性懲りも無く“ボクが考えたさいきょうのファフナー”的な機体を出してくるものと思う。多分ネーミングは現在運用している人類軍ファフナーの名称からして大天使の名称を冠した“セラフィムモデル”になるのではないかと。機体名は“ミカエル”、“メタトロン”、そして“ルシファー”辺りが候補となるが3機種登場と云う線も捨て切れない。

 まあ、与太話はともかく嘗て日本を核攻撃した時点で人類側の敗北は決定付けられていたと見るべきなのだ。後は文字通りフェストゥムに消されるか、フェストゥムに祝福されるか、それともフェストゥムを祝福するかの三者択一である。

 従ってこの世界の人類に待つものは文字通り「どうあがいても絶望」のみ。唯一救い、希望と成り得るのはフェストゥムを「祝福」して自らフェストゥムに近しい存在になるか、だと思われる。

 総ては冲方氏の示す結論に委ねられるが、今の我々にそれを知る術は無い。
 何れ示されるであろう2クール目を刮目して待つ以外無いのである。



TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」オリジナルサウンドトラックvol.2TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」オリジナルサウンドトラックvol.2
(2015/03/25)
斉藤恒芳・ワルシャワフィルハーモニー管弦楽団

商品詳細を見る

ふぁふだす8話自分的感想

 今回も「蒼穹のファフナーEXODUS」8話感想行きます!


 やはりアバンだけで戦闘は終了の様です(即撤退は予想外でしたが)。
 自分的には「おいオメー(アザゼル型)、シュリーナガルまでちと面貸せや」な展開を予想していたのだが。まあ、これはこれで良しとしよう。

 更にパワーアップに於けるリスクも結局お預けなので少々肩透かし感は否めない。
 
 だが、“次”への溜め回として今後への伏線となるであろうエピソードとなった事に間違いは無いだろう。
 やはりファフナーの魅力はメインのみならずサブキャラクターも丁寧に描写している所にある。
 堂馬食堂のシーンがその最たる所と言っても差し支えあるまい。他の作品であればおざなりに処理する所まで雑に扱わず丁寧に描いている姿勢は評価に値する。ここは物書きとして見習いたい所だ。

 最後の辺ではあるが弓子(と思われる存在)はシュリーナガルミールである可能性が濃厚である事が示唆された。無論エメリーもアレで死んだとは思えない。

 更に真矢の発言から“裏切り者”即ち内通者の存在が示唆されたが、フェストゥム側と人類軍側の内通者が同一人物とは限らないのではないだろうか。自分的予測だがフェストゥム側内通者には“ディアブロ型(TV放映版未登場)”の存在が絡んでいるだろう。
 ここからはOP映像からの自分的予測だが、人類軍側内通者はビリーでフェストゥム側はジョナミツではないだろうか(確か3人の背景の色“黒=死or人類軍、赤=フェストゥム、青=竜宮島側”だったと思う)。
 但し、これはあくまでも自分的な予測ですので実際と違う場合もありますので余り真に受けないよう、お願い致します。

 最後に総士のポエムでも軽く触れられていたが有り体に言ってしまえば今回の戦いって6体のアザゼル型(無論ウォーカーやロードランナー等6体同士も敵対関係)vs人類軍(BBA派)vsアルヴィス&シュリーナガルによるアルタイル争奪バトルロイヤルだからな。先行きが暗いのも当然だわ……。

 果たして一騎達は無事竜宮島に帰還できるだろうか?
 但し、血反吐を吐く様な茨の道になるだろうが……。

 最後に自分個人として心配なのは“一騎カレー”のレシピを一体誰が引き継ぐのか、この一点に尽きますな。











TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」オリジナルサウンドトラックvol.1TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」オリジナルサウンドトラックvol.1
(2015/02/25)
斉藤恒芳・ワルシャワフィルハーモニー管弦楽団

商品詳細を見る



蒼穹のファフナー EXODUS 2 [Blu-ray]蒼穹のファフナー EXODUS 2 [Blu-ray]
(2015/03/11)
石井真、喜安浩平 他

商品詳細を見る

ふぁふだす7話自分的感想

 さて、蒼穹のファフナーEXODUS 7話の感想行きます!

 

 いきなり弓子さんお亡くなりに、と思いきや……。
 どう見ても「誰だお前」と言いたくなる展開。ひょっとしたら弓子の記憶と人格を持ったフェストゥムと云う可能性が出て来たよな、これって(まるで「仮面ライダーカブト」の“神代剣”みたいだわ)。だとすれば“グレゴリ型”の亜種と言う事になるか。

 ほんっとにマジよんでませんよ、アザゼル(型)さん!
 しかも今回は殺る気満々だし……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 案の定夫々のファフナーに対応した戦術を行使してきやがりましたし!
 オマケに総士が欠けたことにより完全にチームワークが欠如してしまったファフナーチーム、これでは勝てる戦も勝てませんぜ。
 せめてもの救いは6体のアザゼル(型)さんってお互いに啀み合っていて、相互に情報を共有していないと言う事位だろうな。
 
 やはり衝撃的だったのは“腹パン”でしょうよ。ある意味ファフナー(ノートゥングモデル)最大の弱点を突く攻撃ですもの(ちなみにザルヴァートルモデルであるザインとニヒトのコクピットは胸部にある)。そのせいで芹は多分人間辞めちゃってるかも知れないし。

 他の方々も書いているが、普通ロボット物に於けるパワーアップからの逆転劇って安心して見ていられる類なんだがファフナーに於けるパワーアップって確実に破滅への一里塚なんだよな。

 今後如何なる“竹箆返し”が待っているか、正直気が気じゃないのだよね。その辺うぶちんマジ容赦無いからな。

 多分死にはしないけど死んだ方が遥かにマシ、と思える様な展開に持って行く気満々だろうね。

 自分的展開予想だが次回は意外と戦闘シーンは冒頭だけで終わる様な気がする。アバンにてウォーカーなアザゼル(型)さんをザイン&ニヒトがシュリーナガルへ強制連行で終わり、後は居残り組が背負うであろうリスクが示されるかも知れぬ(サブタイトルやアニメ雑誌からの情報を基にした自分的予想なので悪しからず)。
 ザイン&ニヒトの大暴れは9話までお預けかも……。

 後下手すりゃ真矢が島を出るかも知れないな。ザインに一騎を乗せた島のコア織姫に対する不信感と“同胞殺し”のくだりから多分島に居られなくなると思うよ。

 何れにせよ“どうあがいても絶望”な展開が待っている事請け合いですな。

 最後に何所かでも書いたけど確かファフナーの世界に於いて人類が万物の霊長になれたのは“超古代ミール”のお陰なんだよな。従ってフェストゥムと人類は言わば遠い親戚の関係なのだよね(確か設定でもフェストゥムの読心能力が人類に通用するのはその名残だと言われている、と云うのが有った)。
 そういう見地から見れば人類軍(ギャロップBBA)のやっている事ってとんでもなく滑稽かつ哀れに見えるわな。


 


蒼穹のファフナー EXODUS 2 [Blu-ray]蒼穹のファフナー EXODUS 2 [Blu-ray]
(2015/03/11)
石井真、喜安浩平 他

商品詳細を見る

ふぁふだす6話自分的感想

 「蒼穹のファフナーEXODUS」第6話視聴致しました。従って今回はその感想などを記したく思う。

 案外何の妨害もなく無事シュリーナガルに到着した一行。彼等を向かえたのは同じ人類同士が対立していると云う“事実”と巨大なミール“アショーカ”だった。正に“世界樹ユグドラシル)”とでも言うべき存在感である。

 それと粗同時間竜宮島でも変化が訪れる。そう、新たなコアが覚醒したのである。自分的所感だがまるで“ミョルニア(一騎の母である真壁 紅音と同化したマスター型フェストゥム)”に近いパーソナリティーを持っている様だ。

 やはり、現在(平和)よりも未来(希望)を選んだ事に起因して人格構成が成されたと見るのが正しいのではないだろうか。無論作品世界の状況を鑑みるに無傷で希望を手にする事など夢絵空事なんだろうな。

 ま、一期で死亡描写が無かったので登場すると思ってはいたがやはり生きていたか“BBAヘスター・ギャロップ新国連事務総長)”!!

 前にも述べたがやはり新国連上層部(旧人類)はエスペラント(新人類)を排除するつもりなのだろう。現状の敵フェストゥムと将来の敵エスペラントを纏めて消し去る為“交戦規定アルファ”を躊躇せず発動する辺り、相変わらずのブレなさ加減と言えるだろう。
<参照:http://taturugiya.blog111.fc2.com/blog-entry-2092.html

 そのBBA の背後に飾られているパイオニアにも搭載された“ゴールド・レコード”がある意味皮肉であろう。彼女は彼女なりに人類の為に良かれと思って行動しているのは理解できる。だがフェストゥムをISILの様なテロ組織と十把一絡げに捉えてしまったのがある意味悲劇となっているのではないだろうか。

 アショーカにより文字通り強制的に成長させられる美羽、その事実からも実際の事態は相当切迫しているのだろう。

 シュリーナガル、そして島にも現れるアザゼル(型)さん。マジ呼んでませんよアザゼル(型)さん!

 カノンのヒロイン力がマジパ無いレベル……。(´;ω;`)ブワッ

 そして遂に起動するマークザイン&マークニヒト……。彼等は果たして希望を護ることが出来るのか?

 次回は「フェストゥム、春のパスタ祭り」になりそうな悪寒が…… ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


 やはり「Gのレコンギスタ」からファフナーと云う1時間は濃厚で幸福を感じる。ただ、我々自身はそれをさも当たり前の様に思ってはならないのだ(無論その当たり前が当たり前として存在していて欲しいが)。無論毎週毎週決まった時間にアニメを見られる事その物が奇跡の様な話である。そしてその奇跡は一体誰に依って担保されているのか、それを我々大人は常にそれを認識し感謝の誠を捧げるべきなのだ。


 最後に一言。

 真壁一騎様、いなくなる前に“第6駆逐隊(艦隊これくしょん)”の娘達に「一騎カレー」のレシピを是非伝授してやってくだされ!(切実)



【Amazon.co.jp限定】蒼穹のファフナー EXODUS 1 (オリジナル全巻収納BOX付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】蒼穹のファフナー EXODUS 1 (オリジナル全巻収納BOX付) [Blu-ray]
(2015/02/04)
石井真、喜安浩平 他

商品詳細を見る

ふぁふだす1~5話 自分的感想&予想まとめ

 
今回は「蒼穹のファフナーEXODUS」本編に対し自分が思う所をダラダラと記したく思う。


・「交戦規定アルファ」により民間人の退避すら儘ならない内の核攻撃。フェストゥムの能力(読心能力)を考慮した場合致し方ない方法なのだろうが、その結果数百万人もの人々が餓死する事に対し何らリアクションが描かれていないのが気になる。新国連本部、あのBBA(ヘスター・ギャロップ新国連事務総長)は一体何と戦っていると云うのだろうか?

 <自分的推測
 ボース大将の言葉にある「エスペラント」は新国連上層部にとってある意味“潜在的脅威”と言えるのかも知れない(テンプレな権力者共によくある発想、即ち自らの権力基盤を脅かしかねない存在として認識する事)。フェストゥムを殲滅した後に起こり得る旧人類と新人類(エスペラント)との戦争を既に想定しているからこそ「交戦規定アルファ」が用意されたものと云う推測が成り立つ(実際本当にフェストゥムを殲滅出来るかどうか、かなり疑問だが)。要するにフェストゥム(現状の敵)とエスペラント(将来の敵)をあわよくば共倒れさせる意図も含まれているのかも知れない。

 ・封印されても尚“祭”に参加したがるザインとニヒトがマジ怖い。

 ・マークゴルゴさんマジゴルゴ

 ・西尾のばっちゃ以外女性キャラが軒並み若返っている様な気がするのだが。とりわけ遠見先生や羽佐間先生は20代前半でも通用するぞマジで。

 ・幼女キマシに萌えた方々も多かろうて。

 ・アイちゃんナイス腹パン!

 ・カノン、ナイスボケ!(ある意味“癒やしキャラ”の位置付けなのかも)だが遠見先生見てると今後洒落にならない事態になるかもな……。

 ・やはり子供達を死地へと送る親側の葛藤をちゃんと描いているのがファフナーの魅力と言えますね。あのケーキはきっと涙の味がするのだろうな……。それに鏑木一家が心配(一概に親を責められないのが、ね。ひょっとしたら親御さん達は死に場所を探しているのかも知れない。だからこそどちらかがいなくなる前に何とか和解して欲しいね、お墓と仲直りでは余りにも辛過ぎるし)。一期の春日井夫妻が如何にクズだったか、良く解るわ(息子である甲洋を完全に道具としてしか見ていなかったし)。

 ・こっち見んなアザゼル(型)さん。呼んでませんよアザゼル(型)さん。

 ・ロボットアニメ数あれどここまで素直に喜べないパワーアップも珍しい。

 ・いきなり一騎に「祝福」と云う課題を突き付ける織姫。果たして一騎は如何に世界を「祝福」するのだろうか?ここからは自分的推測となるが漏れ聞く所によると今回のテーマに「生存限界」があると聞く。そして彼が乗る機体「マークザイン」その意味「存在」を加味して導き出される答え、それは「生存」こそが一騎の「祝福」なのかも知れない。5話Cパートで握り潰した短冊に書かれた文字「生きたい」を見た時、自分の中で確信に変わった。

 ・みかみかの台詞に一々律儀にツッコミを入れる総士が良い塩梅。

 ・溝口さん、彼女(佐喜)を連れて行かないのはやはり“死亡フラグ”回避の為か?

 ・5話現在に至るまで人類軍強硬派の動きが一切出て来ないので一層不気味であり不穏さを否が応でも煽る(1話冒頭で核ブッパしただけだものよ)。

 ・愈々次回はみんなのトラウマ“第6話”。現状切る肉は幾らでもあるんでマジ不安……。多分誰かが「交戦規定アルファ」の犠牲になりそうで怖い。

 ・「一騎カレー」は絶対商品化すべきと思います(ココイチ辺りとタイアップするなりして)。



【Amazon.co.jp限定】蒼穹のファフナー EXODUS 1 (オリジナル全巻収納BOX付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】蒼穹のファフナー EXODUS 1 (オリジナル全巻収納BOX付) [Blu-ray]
(2015/02/04)
石井真、喜安浩平 他

商品詳細を見る
プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード