FC2ブログ

不幸中の幸い?~GATE7話感想~

 今回も「GATE 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」アニメ感想行きます!

 先週、事情を知らないボーゼス達に依って捕虜となった伊丹だが結局イタリカに逆戻り。無論その事態を知った姫殿下は当然大激怒。斯くして有耶無耶の内に一件落着と相成った訳ですな。

 無論その辺の事情を知らない第3偵察隊及び3人娘は伊丹救出作戦を実行する訳ですが、富田の一言でクリボー発狂。何と伊丹が“レンジャー”である事を知らされたが故である。詳細はリンク先をご参照戴くとして、実際伊丹のキャラには馴染まないのも之又事実。まあ、真っ当に勤めている自衛官諸氏から見れば詐欺かペテンか、とでも勘繰りたくなること請け合いではありますが。

 紆余曲折を経て日本に向かうべく決断する姫殿下、その先に待つ物は、と言う所で次回に続く、と云う訳です。

 今回のエピソードを見ても“”が開いたのが現代の日本で本当に僥倖だったと思う。
 以前にも触れたがもし門が米国に開いていたら確実にイラクやアフガンの二の舞いになるだろうね。最初こそ勝った勝ったで有頂天になるが彼等の銃口に依って無理矢理米国式民主主義を押し付けられた特地の人々は遠からず反発する。後は支那やロシアと云った米国に反感を持つ国々や特地で一儲けしようと云う武器商人共やユダヤ資本の走狗共がやりたい放題。結局収拾がつかなくなって泥沼化。残されるのは二度と国家、否共同体としても再起不能な衆愚の群れと資源を貪り尽くされた土地だけである。

 但し、支那やロシアは更にそれ以下であるのは言うまでも無い。とりわけ支那であればチベットや東ウイグル同様確実に“民族浄化”を容赦無く行うだろう。

 我々日本人が留意しなければならないのは米国やロシア、そして支那の考え方の方が実際“国際的標準”であると言う事だ。それこそ「国家に永遠の敵も友人も存在しない。あるのは“国益”ただそれだけだ」である。そう、我々日本人も斯様な生き馬の目を抜くが如き国際社会で生きていかなければならないのだ。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード