FC2ブログ

敢えて核武装を!

 諸氏等もご存じの様に本日8月6日、朝8時15分米国による「原爆テロ」が行われ凡そ14万人<昭和20年(1945年)12月末までの数字>の命が失われました。先ずはこの場をお借りして米国による理不尽なテロ行為の犠牲者に対し哀悼の意を表します。

 それでは本題に入らせて戴きます。

 自分が考えるに日本こそ核武装すべきである。但し、現在米国やその他の国々が配備している「核分裂」を用いた原子爆弾や水素爆弾などではなく、「核融合爆弾」を開発し世界に先駆け実戦配備すべきだ。

 <日本が開発中の超伝導用磁石で10万Aの超大電流を達成、核融合炉実現に一歩近づく>
http://gigazine.net/news/20140728-nifs-world-record-magnet/

 諸氏等もご存じのように日本は核融合の分野に於いて世界でもトップを走っていると言っても過言では無い。この技術を用いれば人類史上初「きれいな核兵器」を保有出来るかも知れないのだ。当然そうやって開発製造配備した核兵器のボタンを同盟諸国と共有すればアジア諸国の安定も盤石の物となるだろう。その時我が国は漸く「名誉ある地位」を占める事が出来るのだ。

 当然その実現には越えなければならないハードルがそれこそ山程ある。例えば国民のコンセンサスだ。無論現在日本国民の大半は核兵器に対してネガティブなイメージを抱いている(これはWGIPの一環として行われた核武装阻止キャンペーンの成果と言える)。確かに核兵器は持たないで済むのであればそれに越した事は無い兵器と言えるだろう。しかし、現実を直視して戴きたい、何故イランや北朝鮮が血眼になって核開発を進めているのか?何故国連常任理事5カ国は総て核兵器保有国なのか?即ち核兵器は国際的発言力を得る為の「脅し」として使う兵器なのだ。

 そう、国際的な約束事を「空手形」にしない為に核武装が必要なのである。抑々力なき者の妄言など一体誰が信じるだろうか?国際社会は徹頭徹尾「力の理論」で動く、その「力」となるのが核兵器なのだ。その「力」による担保があればこそ日本の国際的発言力は増し、世界を安定的繁栄へと導ける。それは日本の安定にも繋がり、日本国民の安全も保証される。それがどれだけの恩恵をもたらすか少し考えれば解るだろう。

 無論米国と対等の友人関係になりたいのであれば当然核武装は必要不可欠と言える。そう、日本が核武装した時こそ日米両国は本当の意味で対等のパートナー、即ち「トモダチ」になれるのだ。

 憲法前文にもある一文「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」この実現を望むのであれば必然的に核武装は不可欠になる。

 だからこそ日本国民諸氏は今こそ真剣に核武装について考えて貰いたいのだ。決して感情的にならず、理論的に現実を直視し思考して貰いたいのだ。その上で議論を尽くし国民全体の共通認識として核武装の必要性を共有して貰いたく思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード