FC2ブログ

信用成らざるロシア

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!

 ↓





 本日8月18日、そう68年前千島列島の占守島にロシア(当時ソ連)が突如武力侵攻した日である。今回はロシアとの現状を含め思う所を記そう。
 
 8月9日、突如ロシア軍(当時ソ連労農赤軍)が満露国境を越え満州に侵攻。それもこれも“ヤルタ秘密協定”に拠る取り決めに則した物であり、最早弁解のやり様もない“火事場泥棒”である。
 
 <参照:ヤルタ会談・ヤルタ密約
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_yaruta_kaidan.html

 その後ロシアは満州を瞬く間に蹂躙。肝心の関東軍は主要戦力を尽く南方に引き抜かれ実質形骸化していたが故に本来護るべき国民すら護れず屍を晒す結果となった。
 8月15日、昭和帝による玉音下賜により停戦が発表された後も露助共は侵攻を止めず日本の領土を尽く奪い去り現在に至る。
 
 そんな中で我々が決して忘れてはならない話が幾つか有る。

 <参照:真岡郵便電信局事件と九人の乙女たち
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1088.html

 <参照:ソ連軍兵士の強姦、殺戮、暴行、強奪
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/Stalin.html

 この他にも露助の戦争犯罪は枚挙に暇が無い。

 そんな中で国民を勇気付けたのは“占守島の戦い”であろう。

 <参照:占守(シュムシュ)島――帝国陸軍最後の戦い
http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/article/100821shumushu.htm

 <参照:占守島の戦い(1) 助けられた400人の乙女たち
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1604.html


 占守島の戦いについては昨年も触れたので詳細は割愛するが彼等占守島守備隊の奮闘によりロシアの目論見も頓挫した。

 <参照:日本人が忘れてはならないこと その5~火事場泥棒その2~
http://taturugiya.blog111.fc2.com/blog-entry-1063.html

 確かに現在ロシアとは北方領土の問題は未だ解決されておらず平和条約を締結していないと言う状況ではあるが比較的穏やかな関係である。

 <外務省:日露関係
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/russia/kankei.html

 しかし、諸氏等もご存知のようにロシアの本質は相も変わらず遊牧民的略奪者なのだ。
 その辺の本質を見誤ると再び同じ過ちをを繰り返す事になるだろう。
 外国人、他民族には日本の美徳は通用しない事を我々日本国民は肝に銘じるべきである。


 








Lancers.jp



Lancers.jp

スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード