FC2ブログ

戦後は終わっていない

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!

 



 
 マスゴミは事実を捏造するので真相はこの動画をご覧頂きたい。

新大久保 桜田祭り!~ 正義は我にあり! 朝鮮征伐大行進 ~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv140918182?ref=his

 自分も確かに在特会の行動には眉を顰める所が多々ある。しかし、所謂“オトナの対応”が在日朝鮮人を増長させてきた事もまた事実なのだ。
 これもまたある意味日本人が“玉音放送の呪縛”から脱していないが故の弊害なのかも知れない。
 そういう意味でも日本の戦後はまだ終わっていないのではないだろうか?
 確かにGHQや朝鮮進駐軍、そして日教組や共産主義者による国体破壊もあるのだろうがその“呼び水”となったのは何か?
 元を質せばその元凶と言えるのは“皇紀2605年(昭和20年)8月15日の玉音放送下賜”なのだ。
 之により日本人は米国共産主義者にとって非常に扱い易い民族へと変貌を遂げた。
 諸氏等も御存知の通り大多数の日本人というのは兎角物事を極端に解釈してしまう(まるでパソコンの様に0か1しか認識出来ない)。その上「それおかしいんじゃね?」と異を唱える者が現れた場合徹底的に排除する傾向がある。
 斯様な民族に多大な影響力を持つ存在が「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び~」などと宣えば如何なる結果を招くか最早多くを語る必要も無いだろう(例え昭和帝が斯様な意図を持っていなかったにせよ)。
 自分の名誉の為に述べておくが皇室に対して悪意は持っていません。あくまでも受け手側たる日本国民の精神構造に問題がある故現在日本という国家がここまでの為体と成り果てたのだ。
 自分も含め、日本人は戦後レジーム脱却に向け努力を惜しんではならないのは判る。しかし、“何故そうなった?”その元凶を暴き、然るべき対策を立てなければ今後再びミスリードを際限なく繰り返す結果になるのだ。

 即ち、“玉音放送の呪縛”を断ち切らない限り日本の戦後が終る事は決して無い。

 

 


 日本国民に告ぐ、今こそ“玉音放送の呪縛”から脱却すべし!






Lancers.jp





Lancers.jp


スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

my日本から来ました。

玉音放送の呪縛といふのは衝撃的ですね。
ただ、「年頭、国運振興の詔書」やその當時の御製と合はせて確認すれば、その呪縛といふものが何であるか更に明確になると思ひます。

その呪縛とは詰まり、日本国憲法だと思ふのです。
因みに何時如何にして日本国憲法が我國の憲法として有効になつたかご存知ですか?
以下の年表を確認すれば、學校教育や戰後社會で信じられてゐる謬説は否定出来ます。
http://ch.nicovideo.jp/abeya/blomaga/ar169339

現行憲法も結局は…

 どうも、初めまして。
 コメント有難う御座いました。

 自分は“現行憲法”も所謂“玉音放送の呪縛”の一部と認識しております。
 GHQ、朝鮮進駐軍と結託した敗戦利得者共が「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び~」を錦の御旗としてやりたい放題に暴れた結果無理矢理押し付けられたラクガキが今や金科玉条の如く扱われているのが現状なのです。
それを国民が看過した背景にも所謂“玉音放送の呪縛”が色濃く反映されているのです。
 あの玉音下賜が当時日本国民に与えた精神的ダメージは最早壊滅的と断じたとしても過言ではありません。
 故に貴殿の意見には少々賛同しかねます。
プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード