FC2ブログ

大東亜戦争終戦の日に寄せて~日本が取るべき核戦略~

 本日、9月2日丁度67年前東京湾内戦艦ミズーリ艦上に於いて降伏文書への調印が行われ正式に大東亜戦争が終結した。
 それから67年経過したが果たして我々日本人は本当に“自立”したのだろうか?

 本日までの67年間を省みた時正直暗澹たる思いにかられる。
 敗戦直後掌を返した恥知らず在日朝鮮人による“朝鮮進駐軍”の横暴。



 そしてサンフランシスコ講和条約締結時、故吉田茂元首相が日本の安全保障を米国に“丸投げ”し日本自立の好機を奪い、現在も尚続く禍根となった。
 そして共産主義者の台頭(60年、70年安保闘争等)により帝国憲法の復権すらおぼつかなくなったと言う。

 これらの結果が現在の混沌と言えよう。
 これを収拾するのは少々骨が折れるだろうな、色んな意味で。
 
 さて、前置きはこの辺にして本題に入ろうと思う。
 やはり“力”による担保が無ければ国家の自立は有り得ない。
 “力”と軍事力であり“核戦力”である。
 故に前にも述べたが日本こそ核武装すべきなのだ。
 <参照、力無き正義は無力~日本こそ核武装すべきだ!http://taturugiya.blog111.fc2.com/blog-entry-1051.html
 ならば日本は如何なる核戦略を取るべきなのか?
 自分は戦略型潜水艦(核動力艦が望ましい)に弾道ミサイルと巡航ミサイル(当然両者共に核弾頭)を装備させ配備すべきと考える。
 
 何故か?
 日本の国土事情、即ち地震が絶えぬが故地上発射型や空中発射型では無用のリスクを抱えることになる上に場所も特定され易い。
 それに対して核動力潜水艦ならば位置も特定し難い上に縦しんば事故を起こしても影響は最小限に食い止める事も容易である。
 そして何より“見えない”と言う事が敵対勢力に対し最大の抑止効果を発揮するからだ。
 その潜水艦の数は予備を含め9隻程あれば望ましい。
 常時4隻は日本を囲む4海(太平洋、日本海、オホーツク海、東シナ海)に配備し有事に備えさせる。
 即ちあくまでも“影の戦力”として敵対国に圧力をかける存在とすべきだ。
 通常戦力は“陽の戦力”と位置付け、陰陽両者の戦力を状況に応じ柔軟に使い分ける戦略を用いるのが適当と思う。
 これは日本の“真の自立”を図る上でも必要不可欠な事であり、極東地域の安定化にとってもプラスとなる。
 極東地域の安定化が為されなければ日本の安定もまた有り得ないのだ。
 即ち、日本の核武装は極東地域の安定化の為にも必要と自分は信仰している。
 さすれば日本は国際社会に於いて“名誉ある地位”を占める事が出来よう。
 無論その前には色々前提条件が付くのは重々承知だ。
 しかし、ある程度の青写真を作っておくのは今後への布石となるし後になって付和雷同に騒ぐ様な愚を犯さなくて済む。
 我々日本人、日本国民は来るべき自立の時に備えあらゆる面で準備を怠ってはならない。
 それが大東亜戦争に於いて皇国の御楯と散って逝かれた先達方に報いる道なのだから。
スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード