FC2ブログ

力無き正義は無力~日本こそ核武装すべきだ!

 67年前の本日8月9日、長崎にプルトニュウム型原子爆弾“ファットマン”が投下され約14万9千人もの無辜の臣民が虐殺されました。
 これは如何なる大義があろうとも決して許されない米国によるテロ行為であり、時効などありませんし設けてはならない。
 
 さて、前置きはこの辺にして本題に入るとしましょう。


 自分は日本こそ核武装すべきと確信している。
 実際日本を取り囲む国々を見渡してみるがいい、米国、ロシア、支那、三者共に覇権国家であり核兵器保有国である。
 我が祖国日本は地政学的条件からこの三者と向き合うことを宿命付けられているのだ。
 そして現在我が祖国日本は67年前の敗戦により牙も抜き取られ、国民もWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)により洗脳され精神的勃起障害に陥っている。
 <参照:WGIP~イエローモンキー共よ、永遠に謝罪し続けろ~ http://taturugiya.blog111.fc2.com/blog-entry-1001.html
 斯様な現状では如何に日本が道義的に正しくとも所詮力無き正義に過ぎない。

 とりわけ危険なのはやはり“支那”であろう。






 
 斯様な経緯を持つ集団が治めている現在の支那と付き合う事自体が困難であり最早不可能と断じるより他は無い。
 その上奴等は尖閣諸島や沖縄を“五星紅旗”の下に“解放”しようと現在進行形で硬軟織り交ぜ策略を張り巡らせ、そして日本その物も自らの軍門に下らせようとしている。



近未来の悪夢


 だからと言って今まで通り米国に依存するのも危険と言えよう。
 連中は自分達の権益が確保できれば日本の運命などどうでも良いと言うスタンスだ。只米国が特別なのではなく抑々外交というのはそう言う物なのだ。
 かの“スペンサー卿”も述べていたが「国家に永遠の敵も友人も存在しない。あるのは国益、只それだけだ」と言う言葉は紛う事無き事実である。
 ならば如何致すか?
 極東地域に於ける諸問題を一気に解決する方法が一つだけある。その方法とは日本が核武装する事だ。
 やはり自らの意思や主張を通したければ“力による裏付け”が必要になる。
 その“力”とは即ち軍事力であり核戦力と言えよう。
 何故あれ程憎まれながらも米国は国際社会に於いて我物顔できるのか?
 それは即ち核戦力による担保が為された経済力があるからだ。
 考えてみると良い、何故インドが核武装し北朝鮮が核開発に踏み切ったのか?
 此処での明言は敢えて避けるが外交の何たるかが理解できれば自ずと分かるだろう。
 故に日本が核武装した時こそ初めて世界は日本の主張、そして道義的正当性に目を向ける。
 当然TPPやACTA、そして北方領土や竹島や尖閣諸島等日本にとって避けては通れない領土問題も一気に解決するだろう。
 重要だからもう一度言っておく、力無き正義は無力也!
スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード