FC2ブログ

時既に遅し ……

我をくぐるものは憂ひの都へ

我をくぐるものは永遠の苦悩が

我をくぐるものは破滅の人となり

正義は尊き主をして

聖なる力、最高の智慧

原初の愛は、われを造る

われより先に創られたものはなく

ただ永遠のみが無限に続く

この門をくぐるものよ、一切の希望を棄てよ


〈地獄篇 第三歌 地獄の門 より~〉


我等日本国民が思い知るべき言葉はこれでは無いだろうか。
戦後74年間、サンフランシスコ講和条約発効67年間に渡り国防や安全保障を臭いものには蓋とばかりに葬り、惰眠を貪り享楽に堕した結果、それが今現在の為体ではないか!
にもかかわらず“自称”愛国保守の連中がやっている事と言えば周回遅れも甚だしい政治活動だ。本来74年前から斯様な政治運動を続けてさえいれば今頃自立への道を歩めただろう。
しかし、現実はどうか?大多数を占めるのは自己思考すら放棄した大衆と言う名の愚民共。況してや在日寄生虫や敵国の工作員が大手を振って闊歩する有様。進歩的知識人を僭称する工作員共が“人権”の名の下にどれだけの国益を毀損してきたか!!
確かに始まりはGHQ(米国コミンテルン)による「3R5D3S 政策」である。だがサンフランシスコ講和条約発効後以降に関しては我々日本国民自身の責任だ。米ソ冷戦下唯々諾々と米国の核の傘の下で温々と安寧を貪ってきたのは一体誰か!?
本来であれば米ソ冷戦終結直後から自立に向け、具体的に動くべきだったにも関わらずバブル景気に酔い、何一つ行動を起こさなかった。今にして思えばあれが最後のチャンスだったのだ。
無論チャンスを逸した我々に待つもの、それはこの図が示す未来である。支那か米国どちらかの軍門に降る以外道は無い。


近未来の悪夢


“本当の絶望”とは叶わぬ希望を抱き続ける事だ。

嘗て烈士三島由紀夫が何故切腹に至ったか、その心情を朧気ながらにも垣間見た気がする今日この頃である。

スポンサーサイト



プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード