FC2ブログ

日本にこそ空母機動部隊が必要だ

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!


 ↓




 

 <アルジェリア人質拘束事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E6%8B%98%E6%9D%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 先ずは上記のリンク先をご覧頂きたい。
 今後もこのような事件はいくらでも起きるだろう。もしまた在留邦人がこのような事件に巻き込まれたら如何にして救出するか、が鍵となる。
 軟弱な交渉や金品の授受が何の解決にも成らない事は歴史が証明している以上我々日本も“”を持つ必用があるのだ。
 その“”こそが“空母機動部隊”である。
 当然その空母を拠点にして救出の為の特殊部隊もより迅速に投入できる。
 その“力による担保”があってこそ日本国民は安心して観光旅行も出来、外地での勤労に勤しむことが出来るのだ。
 
 そうなると先ずは基幹となる空母だが現状であれば“22DDH”に“F-35B”&“EV-22J(∨-22オスプレイのAEW仕様)”の組み合わせが現実的だ。

 そして将来的には正規空母が妥当と考える(31~32CV?)。
 あまりやりたくはないのだが“31CV”を想定してみよう。

 <31CVCVN-001)>

 全長:306m
 満載排水量:67,800t
 全幅:39.5m(飛行甲板最大幅:75m)
 吃水:10.5m
 主機:原子力蒸気タービン(原子炉2基、蒸気タービン2基)
 推進:電磁推進方式(補助機関:ウォータージェット4基)若しくは通常型4軸
 出力:87,000馬力
 カタパルト:電磁式4基
 エレベーター:3基
 兵装:SAM-4対空ミサイル(AAM-4の艦対空仕様:Mk-41VLS 144セル 1基)SeaRAM近接防御SAM21連装発射機2基、20mmCIWS 2基(兵装は総て艦内内装型になっている。)
 搭載機:F-35C(J?)orF-3(i3FIGHTER)の艦上機型×32、X(AQ)-47J(若しくは国産無人機)×16、EV-22J×4、CV-22(空中給油機としても運用可能)×4、SH-60K×4 計60機


 これを基軸にした“CVグループ”を3~4個編成し、問題のある海域に即時派遣出来るよう体制を整える。
 
 グループの編成は以下の通りだ。


 31CV

 DDG(26DDG型)

 DD×2(25DD型)

 SSN(改そうりゅう型ベースの核動力仕様)


 この編成が妥当と自分は考える。 
 
 無論費用の問題があるのは重々承知だ。
 しかし、出費を渋って日本国民の命を守れないのであればそれこそ本末転倒ではないか!
 今後我々は財務省主計局の動きを徹底的にマークし、国益に反する動きをするようなら徹底的に晒すべきなのだ。官僚は目立つことを嫌う、故に我々はトコトンそれを最大限利用し我々日本国民が望む形で予算を編成させるよう圧力をかけるべきと自分は考える。
 最早言うまでもない事だが、外務省も我々日本国民の敵だ。奴等獅子身中の蟲を駆滅するのは当然我々日本国民の義務である。参院選が終わった今だからこそ内なる敵に対し、戦いを挑まなければならないのだ!



 日本国民に告ぐ、本当の敵は身内に居る事を知れ!!













Lancers.jp





Lancers.jp

スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード