FC2ブログ

22DDHは軽空母になれるか?

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!


 ↓






 さて、今回は度々取り上げているが来月6日進水を迎える22DDHについて思う所を記したいと思う。

 <動画:海自最大「空母型」護衛艦、来月6日に命名・進水式
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=mSt_PPm33u4

 22DDHその物のスペックについては夫々検索していただくとして問題はこれだけの規模の艦を只輸送艦や対潜母艦まがいとしてだけ運用するかどうか自分としては少々疑問を覚える。
 そんな折、7月14日斯様なニュースが流れてきた。

 <動画:日本政府、艦載機として新たに「F-35B」導入を検討(13/07/14)
http://www.youtube.com/watch?v=Zb3m4NouknM

 その時、自分は“第4次F-X”選定の結果“F-35”が選ばれた際時事通信が配信した動画を思い出した。

 <動画:航空自衛隊の次期主力機に=第5世代戦闘機、F35
http://www.youtube.com/watch?v=Aj4-9Zgj5L4

 昨年配信されたこの動画、後半ちゃっかりB型が映っていた。何でもLM社提供の動画との事なのでここからは自分の推測になるが随分前から防衛省と米国防総省とで話があったフシが伺える。

 たかだかA型40数機の為だけにライセンス生産は余りにも割に合わなさ過ぎる。なのに何故ライセンス生産が許可されたのか、その答えが日本軍のB型導入(現状は一応“検討”だけどね)である。 
 その上米国海兵隊所属のB型も22DDHを母艦として運用できる形となるのだ。無論相互運用性の観点からも行なわれて然るべきだろう。

 但し、現状は皆「そんな話はない」とか言ってしらばっくれるだろうけど。
 
 尚、本気で22DDHを軽空母として運用するのなら24DDHを除き後同型艦が2隻最低限必要になる。
 無論支那人民解放軍の軍事行動に呼応して南鮮がドサクサ紛れの火事場泥棒をやらかす可能性が濃厚である現状に於いて目に見える形で奴等の戦意を挫く意味でも22DDH型+F-35Bの組み合わせはかなり有効と言えよう。
 
 後は参院選後可及的速やかに自衛隊法改正を含め如何に周辺法を整備し、自衛隊を国軍化出来るかに掛かってくる。
 願わくば自主憲法制定まで行って欲しいが参議院に於いて自民党が単独過半数を超えない限り難しいだろう。
 その上“大衆と言う名の愚民共”に根強い“改憲アレルギー”を如何に無視するか、だ。

 場合によっては愚民共の参政権は即刻剥奪しても構わないと自分は考える。
 マスゴミの垂れ流す情報公害を鵜呑みにして総てを知ったつもりになる様な情弱など百害あって一理も無い。
 当然我々も斯様な輩共を決して同胞などと思わない様にする、と言う覚悟が求められる。

 文字通り「泣いて命乞いする者をこそ撃て!」が出来るかどうかで祖国たる日本の運命が決まるのだ。
 ただでさえ日本人は甘過ぎる。故にこれからは同胞以外を切り捨てられるか、が問われるだろう。それが出来なければ日本に未来は無い。



 日本国民に告ぐ、敢えて悪を為す事に躊躇する事勿れ!!












Lancers.jp





Lancers.jp

スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード