FC2ブログ

人員の増強と適正化を急げ

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!


 ↓





 今回は国防の強化に直結する人員確保について思う所を記そうと思う。
 
 実際の話、少子高齢化が現在進行形で加速している状況下如何に今後皇軍の人員を確保していくかが課題になるのだが単なる徴兵制復活では何の効果も無い。
 賢明なる諸氏であれば最早既知の事と思うが“RMARevolution in Military Affairs軍事における革命)”が進行している現在軍人も専門職化しているのだ。そこへ何の知識も技術も持ち合わせないド素人を入れた所で一体何の役に立つというのか?
 当然兵器のマニュアルを読む為にも英文の読解力が必要になるし、米兵等同盟諸国将兵とのコミュニケーションの為にも英会話は必須事項である。
 単刀直入に言えば有り余る体力だけが自慢の脳筋馬鹿では務まらないのだ。
 現在の軍人は文字通り文武両道が求められる。それに現在は皇軍将兵の一挙手一投足に国民の注目が集まる故人格も一般人よりもワンランク上の物が要求されるのだ。
 況してや現在のメディアは敵の掌中。当然支那朝鮮の走狗共は皇軍を貶めようと鵜の目鷹の目で日夜狙っている。即ちメディアに対する注意力も求められると言う事だ。
 斯様な人材など一朝一夕に育成できる訳が無い。そう、教育制度の改革が成されない限り皇軍は慢性的人員不足に悩まされ続けるだろう。
 教育制度に関しては手前味噌で恐縮だが自分のブログの記事を参照していただきたい。

 <参照:教育こそ国防の要也
http://taturugiya.blog111.fc2.com/blog-entry-1440.html

 当然教育制度の改革と人材の育成には相応の時間が必要だ。
 従って短期的には人員配置の適正化と無人兵器開発実用化、そして省力化を加速させ対応するしか無い。
 無論それにも先立つもの、即ち予算が必要になる。
 如何に財務省主計局と言う内なる敵を叩き潰し予算の確保、引いては財務省その物の正常化を成し遂げるには我々国民が尽くを監視しコミットメントしていく他に方法は無い。
 何度も述べているが投票したら後は政治家に丸投げ、納税したら後は官僚に丸投げ、は最早許されないのだ。
 官僚は汚職するものと心得よ。
 財務省、外務省、国土交通省、厚生労働省、防衛省、文部科学省、その他etc…。総て支那朝鮮、そして米国の狗共の牙城と化しているではないか。
 日本国正常化最大の障害は霞ヶ関にこそある!


 日本国民に告ぐ、己の敵を見誤る事勿れ!!






Lancers.jp





Lancers.jp


スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード