FC2ブログ

正規空母のススメ

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!


 ↓





 <amazon:CG動画で実現! 自衛隊・新世代兵器PERFECTBOOK (別冊宝島 2019) [大型本]
http://www.amazon.co.jp/CG%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%A7%E5%AE%9F%E7%8F%BE-%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%83%BB%E6%96%B0%E4%B8%96%E4%BB%A3%E5%85%B5%E5%99%A8PERFECTBOOK-%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6-2019/dp/4800210887/ref=pd_sim_sbs_b_1

 今回はここにも掲載されていた戦後日本初の正規空母について思う所を記してみたいと思う。
 やはり日本の国防を真剣に考えるのであれば正規空母の保有を真剣に考えるべきと自分は愚考致す次第だ。
 確かに近い将来竣工する“22DDH”に“F-35B”の組み合わせもあるのだろうが実際の運用には色んな面で不具合が生じる。当然F-35B自身の行動半径も関わってくると言う事(あくまでもB型は海兵隊の敵前上陸支援用なので航続距離や行動半径が制限される)。
 本格的な艦上戦闘機を望むのなら“F-35C”を導入するか、“i3FIGHTER”の艦上機仕様を開発するかの二者択一になる。
 但しその辺は今回の本題から逸脱するので割愛させていただく(個人的には“i3FIGHTER”の艦上機仕様が望ましいのだが)。
 さて何隻必要になるか、だが航空母艦を戦力として運用するのであれば3~4隻は最低限必要になる。
 常時一隻を稼動状態にしておく為にも最小限3隻は譲れない。
 それに航空母艦を戦力化するのであれば今から準備を始める必要がある。
 予算的な問題もあるし、乗員やパイロットの育成と確保の問題もあるのだからな。
 当然維持費確保の問題も不可避だ。

 それ故自分も一朝一夕に出来るとは思ってもいない。
 こう言う問題を扱うと往々にして湧いて来るのは明らかに“敗戦利得者の狗”と言うべき輩共である。
 奴等の発言は所謂“お決まりの常套句”だ。
 斯様な妄言を吐く輩共は所謂工作員なので論破しようなどと考えてはいけない。徹底的にコケにしてボロクソに扱き下ろし貶すのが賢明である。
 結局“精神的インポテンツ”症候群患者には施す処方箋も無ければ投与する薬も存在しないのだから。
 従って正規空母の実現には日本人その物の精神的レジーム・チェンジが必要不可欠である。
 だからこそ今回の参院選をこそ精神的レジーム・チェンジへの第一歩とすべきなのだ。
 仕様云々についてはここで語るべき問題ではないのでこれもまた割愛させて頂く。


 日本国民に告ぐ、精神的レジーム・チェンジを憚る事勿れ!






Lancers.jp





Lancers.jp

スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード