FC2ブログ

自衛隊法改正を急げ!

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!


 ↓





 今回は現行憲法下でも出来る事を考えてみたいと思う。

 参院選の結果にもよるが改憲势力が3分の2を占める事が難しくなった現状に於いて何が出来るか?
 それは“自衛隊法”の改正ではないだろうか。
 その際現行のポジティブリストから“ネガティブリスト原則として制限を設けずに、例外として禁止するものの一覧を作成して制限する方式や制度)”に切り替え、“交戦規則ROE)”を明文化させ自衛隊を正式に国軍と認定する。
 そうすればあの忌々しい“第9条”を保持したままでも普通の国家としての対応ができるのだ。
 抑々憲法前文に記されている一文“日本国民は、常に平和を念願し、人間相互の関係を支配する高遠な理想を深く自覚するものであつて、我らの安全と生存をあげて、平和を愛する世界の諸国民の公正と信義に委ねようと決意した。”がある。果たして“平和を愛する世界の諸国民”に該当する国家が日本近隣に存在しているというのか?
 答えは否、断じて否である!
 故に現行憲法を保持したままでも自衛の為の戦は出来るし集団的自衛権を行使する事も可能だ。
 最早言うまでもない事だが航空母艦や戦略型潜水艦(核動力)、そして核兵器を保持する事も現行憲法下でも充分可能である。
 斯様に考えた場合、無駄に改憲と騒いで時間の浪費をするよりもより現実的な対応ができると言う事だ。

 そして予算も更なる増額を勝ち取る必要があるのだ。

動画:【財務省】注目人事の解説、防衛費増額はどうなるか?
http://www.nicovideo.jp/watch/1373006647?zeromypage_nicorepo

 ある意味敗戦利得者の巣窟とも言える財務省を如何に叩き潰すか、日本の国防をより確実な方向へ持っていく為にもこの機を逃してはならない。
 
 その為にも今回の参院選は戦後レジーム脱却への一里塚としたい所だ。
 
 日本国民に告ぐ。
 本気で日本を取り戻したいのなら絶対投票に行け!比例区も政治家個人名で投票しろ!
 それだけが戦後レジーム脱却を現実の物にするのだ。








Lancers.jp





Lancers.jp


スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード