FC2ブログ

戦力投射艦のススメ

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!


 ↓




 今回は“戦力投射艦Power Projection Ship)”について思う所を記そうと思う。

 先ずはご参照までにこちらのリンク先をご覧頂きたい。
 
 <Wiki:ミストラル級強襲揚陸艦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AB%E7%B4%9A%E5%BC%B7%E8%A5%B2%E6%8F%9A%E9%99%B8%E8%89%A6

 ロシアも導入が開始された本級であるがその建艦思想には見るべき物が有る。
 確かに“商船構造”故ダメージコントロールに難がある面は否めない。だが、日本の“これから”を考えるのであればある程度纏まった数の戦力投射能力が必要になる。
 贅沢を言えば所謂“ウェルドッグ付き22DDH”とも言える艦が理想なのだがそうなれば数を揃えるどころではなくなるのだ。
 支那共産党の脅威が間近に迫る今“そこにある危機”に対応するには、せめて艦のサイズだけは将来的発展や改良を見越した物とし、後は極力コストを抑え数を揃える事。
 無論当然の話ではあるが最低限の防護力は持たせておいた上で、だ。

 その辺を考慮して諸元を想定してみようと思う。


 <諸元>
 全長:260m
 深さ:25m
 排水量:17,000t(基準)、22,000t(満載)
 吃水:6.4m
 機関:COGAG式ガスタービン(28,000ps)+リチュウム燃料電池複合機関4基、若しくは熱核融合炉+リチュウム燃料電池複合機関2基
 推進器:通常型2軸、ポッド型(14MW)2基、バウスラスター1基
 C4I:OYQ-12 戦術情報処理装置
 レーダー:OPS-50級(FCS-3)3次元対空レーダー、OPS-28対水上レーダー、航海レーダー
 兵装:SeaRAM2基、20mmCIWS2基、Mk-41VLS16セル
 搭載機:MV-22、AH-64E、F-35B、SH-60K、CH-101、等状況に応じ搭載。
 搭載艇:LCAC2隻、若しくは小型上陸用舟艇4隻
 搭載車両:10式戦車、90式戦車、等国軍が使用する車両総てを搭載可能。搭載数は状況により変化する。
 人員:乗員約470名+水陸両用部隊約1,800名


 当然この実現も15~20年以上のスパンで見て行かなければなるまい。何度も述べているが教育改革を筆頭にした人材の育成、若年層でも家庭を持ち、安心して子供を産み育てていける環境を実現しなければ如何にプランを立てたとて画餅の類で終わってしまうのは火を見るよりも明らかだ。
 故に我々国民が今為すべき事、それはアベノミクスを頓挫させようと画策するネオリベ信者共や汚沢信者に代表される反日分子、そして支那朝鮮の狗たるマスゴミとサヨクに対しその尽くを駆滅する覚悟で対峙する事だ。
 先の参院選の結果漸くねじれ状態が解消し、外敵はある程度片付いた。だが、本当の敵は身内にこそ存在しているのだ(竹中平蔵や石破氏、小泉進次郎議員等)。
 ある意味最早日本は“内戦”に突入したとも言えるだろう。
 それもこれも戦後68年間無為無関心、かつ無知蒙昧に惰眠を貪り続けてきた我々日本国民自らが招いた災厄と言っても過言ではない。
 
 だからこそ我々は“先人達が願った姿の日本”を取り戻すべく夫々粉骨砕身励まねばならないのである。
 
 
 










Lancers.jp





Lancers.jp

スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード