FC2ブログ

盗人猛々しい!

 ここ最近竹島や尖閣諸島を巡って朝鮮や支那が色々本格的に圧力をかけてきている様だが奴等の言い分は最早盗人猛々しいと言う他はない。
 
 その中でもとりわけ支那の言い分の根拠となったのが奇妙な事に日本人が残した一冊の書物だと言う。

<支那が尖閣は自分たちのモノだと言う根拠は、日本の左翼学者の書いたトンデモ本だった。>
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n105264

 <一部転載>

尖閣諸島は、紛れもなく日本の領土です。
しかし、中国や台湾の中国国民党は、しつこく、「自分たち」のものだと主張しています。
彼らがそう主張する際、ある日本人の歴史学者の著作が引用されることがあります。日本にも尖閣諸島が中国のものだという学者がいるんだから、やはり自分たちは正しい。
中国人や台湾の一部の人達は、そう勘違いしているのでしょう。そして、日本語の読めない学者も、孫引きしたり、井上清が用いた資料と解釈を失敬することが日常茶飯事になっています。日本語が読めない中国人、台湾人の学者までが、林子平の著作を引用して、江戸時代の日本が「尖閣諸島は中国領」だと認識していたと言い出すのは、そのためです。

その学者は、井上清京都大学名誉教授(故人)です。
彼は、1972年に『「尖閣」列島--釣魚諸島の史的解明』(現代評論社、1996年に第三書館より再版)を出します。
しかし、彼は日本の政治や社会史が専門です。中国の歴史資料も、沖縄やかつての琉球王国の資料を扱った経験なんてありません。また、領土問題を議論しているのに、国際法の予備知識も殆ど無いまま、この本を書いたのです。

当然ですが、この本は実証的な研究成果でも何でもない、トンデモ本です。
この『「尖閣」列島』は、沖縄県在住の実証的な研究者から手痛い批判を受けています。


<以上転載了>

 更に興味深い事にこれを記した井上清はおそらく戦後のGHQ焚書の協力者と思われる、と言う話も。

<参照:「GHQ焚書を行なった日本人」東京大学文学部の関与 >
http://www37.atwiki.jp/masukomi/pages/20.html

 この文から察するに赤門は戦前から“アカ”かった様だ。
 ま、それはさておきやはり日本人の敵は同じ日本人、それも共産主義に被れたサヨクである。
 現状は正に“内憂外患”此処に極まれり、だ。
 
 だが最も忌むべきは本来主権者である筈の国民の大多数がこの事実に未だ気付いていない、そして気付こうともしないと言う事である。
 賢明なる方々はご存知の事と思うがマスメディアは既に敵の手中にあり、日本人を目覚めさせぬよう情報公害を垂れ流し国民から眼と耳を奪っているのだ(奇しくも昨日から“24時間テレビ”と言う名の人の不幸を食い物にした偽善番組が放映されている)。
 
 だが現状は容赦無く進行し、予想される最悪に向かってまっしぐらに突き進む。

 そして興味深い事にアニメのセリフではあるがこんなのがある。

 戦線から遠のくと楽観主義が現実にとって替わる。そして最高意思決定の段階において現実なるものはしばしば存在しない、戦争に負けているときは特にそうだ

 現在の日本国内、とりわけ永田町の状況がこのセリフその物のような気がしてならない。
 結局真面目に働くのは自民党内の右派、即ち保守派とたちあがれ日本の様な少数保守。それ以外の大多数は狂ったように政策を玩具にして政局に奔走して悦に入る。
 
 オマケに自分たちの保身と犯した犯罪の追求を躱す為にとんでもない法案を提出しようとしているのだ。

<悪法「今国会提出へ向けて」考 博士の独り言 II> 
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-1089.html

 <一部転載>

「本通常国会への提出へ向けて」

東順治衆院議員(公明党): さて、引き続きですね、委員長。これはちょっと、外交とはまたちょっと違う案件で総理に確認したいことがございます。それはですね、人権救済機関の設置の問題なんです。今、この人権委員会設置法案というものを何とか法案化して、閣議決定すべきかどうかという、まあ、そういうところへ来ておりますけれどもね、私はこの日本、しかもこの世界で先進国。あるいはまた、その人権ということに大変敏感な国。その国に人権法という法律がね、やっぱり、まったく無いことがものすごく残念です。

 で、突破口となる人権委員会設置法を、さあ、これからどうするということになっていて。今、世界ではですね、世界の69機関が国際社会から認証されているんです。いわゆる、人権機関をきちっと持っている。で、東アジアの中ではですね、認証されていない国は、中国、北朝鮮、そして日本、あと一つマカオ。これはやっぱり、人権というものを本当に大事に考えている国の有り様としてはですね、甚だ悲しいことだし淋しいことである、というふうに思います。まして今、世の中ではですね。総理ね、いじめ問題というのが深刻な社会問題になっているでしょう。ま、いじめ問題の駆け込み寺という意味でもですね、人権を救済する機関が日本に厳然と在る、ということを私はやるべきだと思います。そこで、この法案を閣議決定する意志有りや、無しや。この点をお伺いします。

野田佳彦総理: ご指摘の人権委員会設置法案につきましては、これまで法務省において法案の作成作業を鋭意進めて来たところでございます。ええ、今のご指摘も受け止めさせていただきまして、法案の閣議決定、そして本通常国会への提出へ向けて引き続き必要な作業をしっかり進めてまいりたいと考えます。


<以上転載了>

 最早この質疑応答その物が“出来レース”なのかも知れない。
 奴等の言う人権とは一体何処の国の人間の権利の事を定義しているのか!?
 奴等の物言いから察するに日本国国民の人権の事を定義してはないだろう。
 明らかに在日朝鮮人や支那人の人権を定義しているとしか思えない。
 無論国民の多数派が今後も無関心に惰眠を貪る様ならば確実に外国人参政権とセットで成立施行され、下記の図のような洒落にならない密告社会が出来上がるだろう。

koria_shit10.jpg

 もし、斯様な社会をを望まないのであれば直ちに行動を起こすべきである。

<参照:「皆に関係する事だよ。動ける今 動こう」 法案可決で貴方も私もある日突然>
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-202.html


 <以下mixiつぶやきより転載>
【拡散】【人権侵害救済法案】今国会で提出、閣議決定をすると8/23の国会で野田総理が答弁。公明党・東議員がどさくさまぎれに質疑。※以前、人権擁護法案はFAX抗議で廃案になったとの事。法務省 03-3592-7393へ猛烈にFAX抗議­を!!拡散願います。
 <以上転載了>


 今行動を起こさなければ“人権”に日本人が殺されてしまうだろう。
 これ以上盗人共に猛々しく振舞わせてはならないのだ!!
スポンサーサイト



テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード