FC2ブログ

やはりEF2000は導入すべき

 今回は納得の行かない“第4次F-X 選定”について思うところを記していこうと思います。

 結果は自分も知悉しておりますが選定過程が余りに透明性に欠く上に現場の人間が試乗すらさせてもらえないのではお話にもならない。
 結局防衛省内の媚米派主導による“出来レース”により日本の運用理念に全く合致しない“F-35”が選定されたのは本当に腑に落ちないし、納税者として納得がいかないだろうよ、普通は。
 オマケに納期も遅れる、機体単価も一機につき約190億などと言うふざけた話になった。
 民間であれば完全に契約破棄に該当する話だぞ、これは!
 故に自分は政権奪還直後速やかにF-35を白紙撤回、第4次F-X 選定のやり直しを要求する。
 それが駄目ならF-35とEF2000の両者を採用すべきだ。
 金?国防予算をGDP5%まで認めれば済む話だろ。何れにせよそろそろ“F-15J(寿命延長しない分)”の後釜も決めなければならない時期に差し掛かっているのだ。
 序でに決めてしまえば時間の節約になって良いだろう!
 その上Fー35は海軍にも採用させ国産航空母艦の艦載機とすれば問題ない。
 故にA型ではなくC型ベースのJ型とせよ。
 その上帝国海兵隊向けにB型も採用すればLMも飛び上がって喜ぶだろうさ。
 
 そこでEF2000の日本仕様たるF-2000Jを考えてみたいと思う。



 ・アビオニクスは“F-2”の財産を活かし国産AESAレーダー(“J/APG-1”の改良型)を搭載、“BVR(目視外射程)攻撃”能力を向上させよ。

 ・エンジンは当面“EJ200”の改良型を使い、後に国産エンジン(“XF5”の改良型)を搭載せよ。

 ・後に“スマートスキン”の概念を取り入れた電子装備の改善を行うべし。

 ・最終的には機体外装も国産素材で施すようにせよ。


 
 無論情報の管理の徹底も図らねばならないので“国家保安法(スパイ禁止法)”の制定施行も可及的速やかに行うべし。
 場合によってはインドや台湾も巻き込んだ開発計画に発展させるのも良い。
 集団的自衛権等諸問題もこの際一気に解決させ、日本の国防体制を安定させる。

 当然帝国憲法の復権が最低条件だけどな。
 
 話は横道に逸れたが最早納税したら後は“お役所に丸投げ”など許されないのだ。
 我々国民は自らが収めた税金が正しい事に正しく使われているか、それを監視しなければならない。
 言ってしまえば民主主義である以上「誰かがやってくれる~」などと言う言葉は甘ったれの吐く台詞と心得よ。
 民主主義国家国民の義務は勤労、納税、そして政治への参加である。
 
 現在の為体は国民の“無関心、無気力、無責任”の三無主義が招いた物だ。
 結局誰も文句を言わないから防衛省の御役人共は「米国様の言いなりでOK」と堕落するのだ。
 今回のF-X選定も斯様な感覚で行われたのだろう。
 
 だがこれからそうは行かない。
 御役人共は我々国民の監視に日々晒されていると心得よ。
 当然F-X選定に対しても異議アリ!
 雑誌等メディアはこぞって庇っているが我々を誤魔化せるなどと思うなよ。


 納税者を舐めるな、防衛省!
スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード