FC2ブログ

気になったツイートより~日本人が知るべき事~

今回も気になったツイートから転載させて戴く。

<以下転載>



jin4192

1・国旗・国歌は国の独立と統一性を 表す重要な性質と役割がある。国旗掲揚・国歌斉唱は他国への敬意と自国への敬愛を示す。ある人がアフリカで学校に近くを歩いていたら生徒が走ってきて「国 旗掲揚中なので足を止めて脱帽し視線を国旗に合わせて下さい」と言われたとか。

2・国旗掲揚・国歌斉唱の際は厳粛に臨み脱帽し直立して姿勢を正さなければなりません。国旗・国歌に対する心得とマナーは信頼される日本人としてぜひ身につけたいですね。1903年独逸での世界国歌コンクールで君が代は優勝しました。(道徳の教科書 渡邊毅 PHP文庫)

3・日本は天皇陛下を仰いで約二千年。陛下は世界でエンペラー(皇帝)と呼ばれる唯一の方です。キング・クイーンよりランクが一段上。王朝が千年単位で続いている。世界の人から見るとこれは奇跡であり驚くべき事なのです。国賓が陛下に面会する時はとても緊張するそうです。

4・昭和21年米国などにより東京裁判が行われ多くの問題点や批判がありました。米国のブラークニー弁護人は戦争による殺人が犯罪なら、なぜ原爆を投下した者がそれを裁くことができるのかと言いました。事件後に立法し裁くことは違法ですが違法を承知で日本を裁きました。

5・東京裁判当時、「侵略戦争することは平和に対する罪である」という国際法はなく、「侵略」とは何かという国際合意もなかったのです。スポーツなら試合後に新ルールを作って、それに違反したから失格だと言うのと同じです。これが日本にA級戦犯など存在しない理由です。

6・東京裁判の最高責任者マッカーサーは後にトルーマン大統領に東京裁判は間違いであったと報告。米国議会では「日本が第二次世界大戦を戦ったのは自国の安全を守るためだった」と証言した。今は戦勝国間でもあれは恥ずべき裁判だったと理解されてます。東京裁判史観は誤りだ!

7・日本の開戦理由は米国が追いつめたからだと英国王立歴史学会は言ってます。インドのパール判事は広島の原爆慰霊碑に「過ちは繰り返しませんから」とあるのを見て「どういう意味か?原爆を落としたのは日本人ではない」と日本人が卑屈にならぬように警告。正しい歴史知識を!

8・四百年前ザビエルは書いた「異教徒の中でこれほど優れた国民はいません。日本人は礼節を大切にし一般に善良で悪い心を持たず何よりも名誉を大切にする。国民は一般に貧しく、人々や武士なども貧しさを恥と思っていない。」外国人は日本人の心の美しさに驚き感動してます。

9・新渡戸稲造の「武士道」を読んだ米国のT・ルーズベルト大統領は感動し五人の子供達に「日本の武士の高尚なる思想は我々アメリカ人が学ぶべきことだ。この武士道は全てのアメリカ人が修行し、実行してよい。お前達五人はこれをもって生活の規範とせよ」と言ったのです。

10・欧州や日本では長きにわたる戦争状態があったので相手を尊重する姿勢、つまり武士の情けなど相手への思いやりがあったが中世がなかったロシア・米国には武士道(騎士道も同じ)がなかったので情け容赦ないインディアンの皆殺しや原爆投下で市民皆殺しなどができたのだ。

<以上転載了>

 確かに我々日本人ならば“常識”として備えて置かなければならない事柄ばかりである。
 シナの走狗日教組を筆頭にした売国勢力が教育現場を乗っ取っている現状を鑑みれば如何に教育による影響が重大な結果を齎すのか否が応でも理解できる。
スポンサーサイト



テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード