FC2ブログ

綺麗事で誤魔化すな!

 本日8月9日未明丁度69年前、前日の「対日宣戦布告」を受けソ連軍が満ソ国境を越えました。まあ、仔細については諸氏等もご存じと思うので割愛させて戴きます。

 それよりも今回取り上げたいのは当時に於ける日本の「インテリジェンス」に関して自分が思う処であります。

 <ヤルタ密約「ソ連の対日参戦」、独は情報共有、日本は抹殺し侵攻招く 諜報力の違い鮮明
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140805/plc14080508020006-n1.htm

 <一部転載>

 作家で元外務省分析官の佐藤優氏の話 「崩壊直前ながら、ドイツはインテリジェンス・サイクルが回り、しっかりした分析、情報共有ができていたのに対し、参戦を決めていたソ連に仲介和平の望みを託した日本は、目前の和平工作で頭がいっぱいになり、ソ連参戦情報をノイズ(雑音)と受け止め、抹殺したのだろう。日本は国家として情報を分析、判断する能力が低かった。日本版NSCが発足した今、良き教訓となる」と語っている。


<転載了>

 <一級情報捨て偽装妄信…諜報分析に欠けた日本、野望見抜けず世界から孤立
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140805/plc14080516000016-n1.htm

 <一部転載>

 1945(昭和20)年2月のヤルタ会談でソ連が対日参戦を最終的に密約した情報は、日本同様に敗色濃厚だったドイツにとっても第一級だった。ソ連軍の反攻で首都ベルリンが風前の灯となっていたからだ。このためドイツは、ストックホルム駐在の小野寺信(まこと)陸軍武官からもたらされたとみられるこの情報を政府内や在外公館で一斉に共有した。

 <■小野寺情報 ストックホルム駐在陸軍武官の小野寺信はロンドンの亡命ポーランド参謀本部から、ヤルタ会談でソ連がドイツ降伏3カ月後に対日参戦する密約を交わした情報を入手。1945(昭和20)年2月中旬ごろ、参謀本部あてに緊急電で伝えるが、ソ連仲介和平工作に埋没して抹殺され、国策に生かされず、半年後、ソ連の侵攻を招いた。>

 ところが、小野寺武官からの情報は、日本の中枢にとって「不都合な真実」だった。終戦工作の頼みの綱に考えたのが中立条約があったソ連だったためだ。


<転載了>

 まあそれは良い、抑々人は失敗する生き物だからな。だが許せないのは外交の失態を綺麗事で誤魔化そうとした当時の日本政府と軍上層部である!何が「騙し討ち」か!単に知っていて何ら打つべき手を打たなかっただけではないか!!自らの失態を棚に上げて何をか況んや、だ。ここでも嘗て「スペンサー卿」が宣わった言葉「国家に永遠の敵も友人も存在しない。あるのは“国益”、ただそれだけだ」が証明された。

 斯くして戦後69年間、この教訓は生かされる事無く日本外交は相も変わらず思い込みと性善説に支配され国益を毀損し続け現在に至る。実際真っ当な外交が出来る様になったのは第2次安倍内閣が発足してからだ。

 両者共に産経新聞の記事ですが実に興味深い話です。まあ、戦後69年間自分も含め日本国民は事実を直視してこなかったと言う事を今更ながら思い知らされました。

 結局当時も「建前」に縋り付き「大局」を見誤ると言う文字通り本末転倒と断じるより他は無い愚行を行ってきたのだ。当然現在に至までの日本外交も然り、言わば安倍首相はその「ツケ払い」をしているに過ぎない。

 今後「日本版NSC」がこの教訓を生かしていけるかどうか、これが日本外交の帰趨を決するのは言うまでも無い。過去は覆せないが未来は現在の努力によって如何様にでも変わるからだ。

 最後に同じく本日、米国による2度目の核兵器テロの犠牲となった長崎市民73,884人の方々のご冥福を衷心より祈念させて戴きます。
スポンサーサイト

敢えて核武装を!

 諸氏等もご存じの様に本日8月6日、朝8時15分米国による「原爆テロ」が行われ凡そ14万人<昭和20年(1945年)12月末までの数字>の命が失われました。先ずはこの場をお借りして米国による理不尽なテロ行為の犠牲者に対し哀悼の意を表します。

 それでは本題に入らせて戴きます。

 自分が考えるに日本こそ核武装すべきである。但し、現在米国やその他の国々が配備している「核分裂」を用いた原子爆弾や水素爆弾などではなく、「核融合爆弾」を開発し世界に先駆け実戦配備すべきだ。

 <日本が開発中の超伝導用磁石で10万Aの超大電流を達成、核融合炉実現に一歩近づく>
http://gigazine.net/news/20140728-nifs-world-record-magnet/

 諸氏等もご存じのように日本は核融合の分野に於いて世界でもトップを走っていると言っても過言では無い。この技術を用いれば人類史上初「きれいな核兵器」を保有出来るかも知れないのだ。当然そうやって開発製造配備した核兵器のボタンを同盟諸国と共有すればアジア諸国の安定も盤石の物となるだろう。その時我が国は漸く「名誉ある地位」を占める事が出来るのだ。

 当然その実現には越えなければならないハードルがそれこそ山程ある。例えば国民のコンセンサスだ。無論現在日本国民の大半は核兵器に対してネガティブなイメージを抱いている(これはWGIPの一環として行われた核武装阻止キャンペーンの成果と言える)。確かに核兵器は持たないで済むのであればそれに越した事は無い兵器と言えるだろう。しかし、現実を直視して戴きたい、何故イランや北朝鮮が血眼になって核開発を進めているのか?何故国連常任理事5カ国は総て核兵器保有国なのか?即ち核兵器は国際的発言力を得る為の「脅し」として使う兵器なのだ。

 そう、国際的な約束事を「空手形」にしない為に核武装が必要なのである。抑々力なき者の妄言など一体誰が信じるだろうか?国際社会は徹頭徹尾「力の理論」で動く、その「力」となるのが核兵器なのだ。その「力」による担保があればこそ日本の国際的発言力は増し、世界を安定的繁栄へと導ける。それは日本の安定にも繋がり、日本国民の安全も保証される。それがどれだけの恩恵をもたらすか少し考えれば解るだろう。

 無論米国と対等の友人関係になりたいのであれば当然核武装は必要不可欠と言える。そう、日本が核武装した時こそ日米両国は本当の意味で対等のパートナー、即ち「トモダチ」になれるのだ。

 憲法前文にもある一文「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」この実現を望むのであれば必然的に核武装は不可欠になる。

 だからこそ日本国民諸氏は今こそ真剣に核武装について考えて貰いたいのだ。決して感情的にならず、理論的に現実を直視し思考して貰いたいのだ。その上で議論を尽くし国民全体の共通認識として核武装の必要性を共有して貰いたく思う。

69年目の「第半歩」

 昨日諸氏等もご存じの様に「集団的自衛権の行使」が閣議決定されました。

 本格的法制化はこれからですが取り敢えず一段落と言えるでしょう。ともかく丁度良い区切りなので今回は自分が「集団的自衛権」について思う所を記したい。

 抑々「集団的自衛権」とは何か?

 <「コトバンク」より転載>


 大辞林 第三版の解説

 ある国が武力攻撃を受けた場合に,これと密接な関係にある他の国が共同して防衛にあたる権利。この権利を行使する国に対して,直接かつ現実の武力攻撃があることを必要としない。国連憲章で加盟国に認められている。 → 個別的自衛権
 
<以上転載了>

 詳細については上記の解説に譲るが要するに「国防の相互互助」と言う発想なのだろう。

 但し、今回の閣議決定により本格的に憲法改正を考える必要が出てきたのだ。安倍首相は「憲法解釈云々」宣うが斯様な小手先の細工でどれだけ誤魔化せると言うのだろうか?どの道遅かれ早かれ忌々しい「憲法第9条」を文字通り「破棄」する以外自衛官諸氏を無駄死にから救う方法は無い。だが、それには尚一層の手間と時間がかかる事は必定。故に先ずは「自衛隊法」を改正し、「ポジティブリスト(やって良い事リスト)」から「ネガティブリスト(やってはいけない事リスト)」に切り換え、「刑法第195条」そして「同196条」の自衛官に対する適用免除措置を講じる必要があるのではないだろうか。

 ちなみにその「刑法第195条」及び「同196条」は以下の条文になる。

 <195条:特別公務員暴行陵虐罪>

・裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が、その職務を行うに当たり、被告人、被疑者その他の者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときは、7年以下の懲役又は禁錮に処する。

・法令により拘禁された者を看守し又は護送する者がその拘禁された者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときも、前項と同様とする。

 <196条:特別公務員職権濫用等致死傷>

 ・前2条の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。

 *)第194条については今回割愛する。

 そう、これらの措置を講じるだけでも自衛官諸氏が後顧の憂い無くそれぞれの任務に邁進出来る様になると言う事なのだ。所謂「本丸」である憲法については正直「時至らず」と見るべきと自分は考える。

 何分戦後69年間我々日本国民は先人の流した血涙に文字通り背を向け目を逸らし、只管無責任に惰眠を貪ってきたのだ。その結果醸成されたのが所謂「戦後レジーム」であり、忌々しい「マッカーサー・チルドレン」や「在日朝鮮人」が我が物顔で跋扈する社会を構築してしまったのだ。当然これは我々日本国民に対する「報い」である。

 従って我々は敢えてこれを甘んじ受入れ、首から下まで泥沼に浸かりそれでも「前へ」と進んで行かなければならない。

 何故か?その先にしか日本の未来は存在していないからだ。確かに支那や米国の家畜に甘んじれば「目先の安寧」は保証されるだろうしもっと楽な道を歩めるのだろう。だがその先には一体何が待つというのだろうか?

 当然遅かれ早かれ何れは奴等の思惑通り「晩餐の主菜」として饗されてしまうと言う事なのだ。もし我々の子々孫々が斯様な立場に立ったとしたら彼等は我々に何と言うだろうか?是非その事に思い致して欲しい。

 故に今回記された「第半歩」で取り敢えずは良しとしなければならないし、現在の政権に求めてはいけないのだ(所詮安倍首相も「マッカーサー・チルドレン」だからだ)。そう、ここから先は我々主権者たる国民の責任で「来たるべき時」に備え地固めをしていかなければならないだろう。

 当然それだって気の遠くなる様な時間と労力が掛かる。だが先達方の苦労を思えばやり遂げられるだろうし、何としてもやり遂げなければならないのだ。従って今は只管「臥薪嘗胆」を腹に呑み、文字通り「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」只粛々と日々を生きていくしか無いのである。一朝一夕に劇的な変化など夢見る勿れ!半歩でも一歩でも着実に前進する事だけを考えよ。その先にのみ我等が祖国日本の「未来」が待つであろう。


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

今日が“本当”の“終戦の日”

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!


 ↓







 本日は68年前東京湾上の戦艦ミズーリに於いて降伏文書への調印が行われ、正式に大東亜戦争が終結した日である。
 
 そして戦後68年間日本人は只管無為無気力、無知蒙昧に惰眠を貪り続け現在に至る。その結果自国の領土を外国に占領されていても隣国から現在進行形で侵略を受け続けていても無関心な愚民と成り果ててしまったのだ。

 斯様な現状を鑑みると72年前の開戦は果たして正しかったのか、正直疑問を覚える。
 当時の状況では確かに開戦は時間の問題だったのだろう。だが開戦を回避するやり方はあった筈、単に誰も思いつかなかっただけの話で。だからこそ我々はより当時の状況を精査し、考察していかなければならない。そう、同じ過ちを繰り返さない為にも。

 やはり日本の過ちは“大正デモクラシー”の失敗から始まったのだ。
 共産主義の浸透も粗この時期に重なる。

 斯くして共産思想に影響された奴等が一体何をしたのか忘れたわけではあるまい。
 “2.26事件”、“5.15事件”等本当の意味で交渉が出来る人間を尽く暗殺し日本の外交交渉能力を著しく奪った結果日本はやらなくても良かった戦争に足を踏み入れたではないか。
 
 言わばその結果が我々の現在である。
 だからこそ何とか戦争を避ける事が出来なかったのかを考え続けなければならないし、戦争を正当化させるものに対して疑問を呈し続けて行かなければならないのだ。
 
 但し、自分は日本の国益を蔑ろにするものではないし不戦主義ではない。
 だが本当に戦をすべきかどうかを常に問い続けなければ又候安易に過ちを繰り返す結果になる事、それを忘れてはならないのである。

 最後に68年前東亜の大義、御国の正義に殉じ今靖国に眠る1,887,934柱英霊。そして米国に拠る理不尽な爆撃テロの犠牲となった約50万柱の御霊のご冥福を衷心より祈念し駄文の終とさせていただきます。







Lancers.jp



Lancers.jp

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

信用成らざるロシア

 先ず日本の現状に疑問を持った方、こちらをどうぞ!

 ↓





 本日8月18日、そう68年前千島列島の占守島にロシア(当時ソ連)が突如武力侵攻した日である。今回はロシアとの現状を含め思う所を記そう。
 
 8月9日、突如ロシア軍(当時ソ連労農赤軍)が満露国境を越え満州に侵攻。それもこれも“ヤルタ秘密協定”に拠る取り決めに則した物であり、最早弁解のやり様もない“火事場泥棒”である。
 
 <参照:ヤルタ会談・ヤルタ密約
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_yaruta_kaidan.html

 その後ロシアは満州を瞬く間に蹂躙。肝心の関東軍は主要戦力を尽く南方に引き抜かれ実質形骸化していたが故に本来護るべき国民すら護れず屍を晒す結果となった。
 8月15日、昭和帝による玉音下賜により停戦が発表された後も露助共は侵攻を止めず日本の領土を尽く奪い去り現在に至る。
 
 そんな中で我々が決して忘れてはならない話が幾つか有る。

 <参照:真岡郵便電信局事件と九人の乙女たち
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1088.html

 <参照:ソ連軍兵士の強姦、殺戮、暴行、強奪
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/Stalin.html

 この他にも露助の戦争犯罪は枚挙に暇が無い。

 そんな中で国民を勇気付けたのは“占守島の戦い”であろう。

 <参照:占守(シュムシュ)島――帝国陸軍最後の戦い
http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/article/100821shumushu.htm

 <参照:占守島の戦い(1) 助けられた400人の乙女たち
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1604.html


 占守島の戦いについては昨年も触れたので詳細は割愛するが彼等占守島守備隊の奮闘によりロシアの目論見も頓挫した。

 <参照:日本人が忘れてはならないこと その5~火事場泥棒その2~
http://taturugiya.blog111.fc2.com/blog-entry-1063.html

 確かに現在ロシアとは北方領土の問題は未だ解決されておらず平和条約を締結していないと言う状況ではあるが比較的穏やかな関係である。

 <外務省:日露関係
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/russia/kankei.html

 しかし、諸氏等もご存知のようにロシアの本質は相も変わらず遊牧民的略奪者なのだ。
 その辺の本質を見誤ると再び同じ過ちをを繰り返す事になるだろう。
 外国人、他民族には日本の美徳は通用しない事を我々日本国民は肝に銘じるべきである。


 








Lancers.jp



Lancers.jp

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)

Author:龍剣 朱羅(タツルギ シュラ)
 Webデザインファクトリー “龍剣屋(たつるぎや)”代表取締役、店主 “龍剣 朱羅(たつるぎ しゅら)”でもあります。
 愛国Webクリエイター
 J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員(№1007778)であります。
 ハードロック&へヴィメタルと格闘技とサッカーとモータースポーツとスーパーロボット大戦をこよなく愛する熱血バカ一代。
 現実では国賊売国奴と二次元では外なる神々、そしてその眷族と日夜戦い続けている男。ネトウヨ上等!  国士上等!!
 浦和レッズの熱狂的サポーター。
 熱烈なバルサニスタ。
 狂信的(?)ロマニスタ。
 軍用航空機(現用機中心)マニア。
 銃火器マニア。
 ギャルゲーも嗜む。(無論エロも・・・・・orz。)
 本質は“漢(おとこ)気至上主義者”。
 でもって典型的“ドS”。

 自称“天然有害危険人物”。

 無論、反中、反朝、反米、反覇権主義であります!!(力説。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード